人の土俵で褌を取る

気になったニュースの備忘録+α

一日一食

一日一食

2017年5月16日、一日一食を初めてみることにする。
ただ、頬が痩けるだろうしあまり痩せたくはない。
今に始まったことじゃないけど、

  1. 夜眠れない。
  2. 腰が痛い。首も痛くて回せなくなった。
  3. 腿の筋肉が落ちて立ち上がるのに難渋をする(スクワットしても筋肉が付かない)。
  4. 最近では直ぐに疲れる様になった。

疲れると言うのは集中力がなくなり、やっていることが嫌になり、やっつけ仕事になり眠くなる。『直ぐに』と言うのは1時間半位。
これらの度合いが日に日に増してくる。

今63歳。身長164cm体重56.1kg*1
18歳から25歳位までは一日に夕食の一食で済ませていた。
それでも筋肉がそれなりに付いていた。
その頃の身長165~6cm体重53~55kg*2
若かったから当たり前のことかもしれないが、その頃体調はすこぶる良かった。
身長が減ったのは髪の毛が薄くなったせいかもしれない。

食べるのは夕食(午後6時半頃)にする。
その他に軽運動後に『砂糖*3+きなこ+牛乳』を一日に200cc×昼と夜の二回飲む。
NHKためしてガッテンで』運動後直後にタンパク質+糖を摂取すると筋肉が付きやすいと言っていたから、これだけは続けようと思う。
軽運動とは腕立て伏せ20回×2 腹筋20回×2 スクワット30回×2。
その他たまに食材買い物(往復1.6km)で徒歩、図書館(往復3.2km)へは自転車。

どうなるか、止めるかもしれないがそれも含め続きを書こうと思う。

2017年5月22日

続いている。
やり始める前からひいていた風邪のため体調の変化は分からない。
夕食までの間、多少の空腹感はあるけど「メッチャ腹減ったー」とは感じないためその点の苦痛は皆無。
45年前の癖を身体が覚えていたのか。まさかね。

2017年5月23日

『やってみました!1日1食 長寿遺伝子が微笑むファスティング』 船瀬俊介/著
『一日一食 40歳を過ぎたら、食べなくていい』 石原結実/著
『「食べない」健康法 コストゼロで今日からできる驚異の健康革命!』 石原結実/著
を借りてきた。
5/25 53.5kg 16.6%

2017年5月30日

相変わらず多少の空腹感はあるものの飢餓の苦痛は全く無い。
今、午後0時7分「腹空いているか?」と自分に聞いても「別に~」としか言いようがない。
そう言えば昔は一日完全絶食の日もあった。
今も楽にできそうだけど、それが原因で拒食症にでもなったらえらい事だしなあ。
一日一食では食べられる量が限られるので良い物を食べよう・・・と思っても結局前と同じだった。
一週間に一度自分の顔写真を撮ることにした。

2017年6月5日

続いている。
空腹の苦痛は無い。
調子は・・まあ良いかな。よく分からん。
ただ、顔が痩せこけるのが困ったもんだ。
6/3 53.0kg 17.3%
6/9 52.5kg 17.3%
6/16 52.4kg 16.4%

2017年6月19日

52.3kg 14.2%
一ヶ月経った。
調子は良いかな。
全く無理はしていない。
ようやく風邪は治ったようだ。
今回の風邪は咳が主で体温平熱で喉が痛い訳ではない。
ただ完治に長引いた。家内も子(二十一歳)も同様に中々治らなかった。子は二日前同様な風邪を再度引き直したようだ。
鼻の中に傷ができているのか、鼻くそなのかカサブタなのか多く採取できる。
何か鼻の中が変だ。
一日一食に関係ないか。

    • -

*1:体重測定はいい加減。冬はメッチャ着ぶくれ(タイツ2枚+ズボン2枚、長袖肌着+厚手のシャツ+毛糸のセーターの上にトレーナー)のうえ靴下2枚脱がないので体脂肪率計測不可。夏は短パンTシャツ。着ているものだけで2kg位の差はありそう。57kgオーバー行ったことあり

*2:53kgなのに筋肉がそれなりに付いていた

*3:2017/05/29砂糖を蜂蜜に変更