読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の土俵で褌を取る

気になったニュースの備忘録+α

バチカン市国 煙突 ローマ法王

礼拝堂に煙突設置バチカン、当選合図用

http://www45.atwiki.jp/jippensha/?cmd=upload&act=open&page=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B007&file=34_%E3%83%90%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%B3%20%E7%85%99%E7%AA%81%20%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%B3%95%E7%8E%8B.jpg

<9日、バチカンのシスティーナ礼拝堂の屋根に煙突を取り付ける消防関係者(AP)>2月末にローマ法王を退位したベネディクト16世の後継者を決める選挙(コンクラーベ)が行われるバチカンのシスティーナ礼拝堂の屋根に9日、煙突が取り付けられた。法王が選出されなかった場合は煙突から黒煙を出し、選出されれば白煙を出して外部に知らせる。コンクラーベは12日に始まる。選挙権を持つ枢機卿らが秘密投票を行い、3分の2を超える票を得る人物が出るまで続けられる。結果を知らせる煙は、投票用紙をストーブで燃やして出す。1939年にピウス12世を選出したコンクラーベから使用されているストーブも、9日までに礼拝堂の隅に設置された。煙の色が判別しにくいとの苦情から、前回2005年のコンクラーベから煙に色を付ける補助装置が登場。前回からは、さらに選出時に限り鐘を鳴らす方式も採用された(共同)
MSN産経フォト - 2013年03月10日
http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/03/10/17vatican/

ローマ法王選挙始まる選出はきょう以降の見通し

http://www45.atwiki.jp/jippensha/?cmd=upload&act=open&page=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B007&file=35_%E3%83%90%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%B3%20%E7%85%99%E7%AA%81%20%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%B3%95%E7%8E%8B.jpg

2月末にローマ法王を退位したベネディクト16世の後継者を決める選挙(コンクラーベ)が12日午後(日本時間13日未明)、バチカンのシスティーナ礼拝堂で始まる。初日に選出される見通しは低く、新法王誕生は13日以降に持ち越されるとみられる。新法王は世界各地で発覚した聖職者による性的虐待などのスキャンダルに揺れるカトリック教会の信頼回復という大きな課題を抱える。中南米など欧州以外から選ばれるかが注目されている。3分の2を超える得票で新法王が選出されれば礼拝堂の煙突から白い煙が、選出されなければ黒い煙が出される。(共同)<12日、コンクラーベを前に、バチカンのサンピエトロ大聖堂で行われたミサに参列する枢機卿(ロイター)>
MSN産経フォト - 2013年03月13日
http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/03/13/06conclave/

計3回の投票で決まらずコンクラーベ、2日目

http://www45.atwiki.jp/jippensha/?cmd=upload&act=open&page=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B007&file=36_%E3%83%90%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%B3%20%E7%85%99%E7%AA%81%20%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%B3%95%E7%8E%8B.jpg

新たなローマ法王を決める枢機卿らによる選挙(コンクラーベ)は2日目となる13日午前(日本時間同日夜)、2回の投票が行われ、バチカンのシスティーナ礼拝堂の煙突から「選出されず」を示す黒い煙が上がった。初日を含め、計3回の投票では新法王は決まらなかった。選挙権を持つ80歳未満の枢機卿115人は13日午前、バチカンのシスティーナ礼拝堂に入った。同日午後にも2回投票を実施する。投票の結果は公表されない。(共同)<13日、バチカンのシスティーナ礼拝堂の煙突から上がった、新たなローマ法王が選出されなかったことを示す黒い煙(ロイター)>
MSN産経フォト - 2013年03月13日
http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/03/13/24conclave/

新法王選出を告げる白煙

http://www45.atwiki.jp/jippensha/?cmd=upload&act=open&page=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B007&file=41_%E3%83%90%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%B3%20%E7%85%99%E7%AA%81%20%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%B3%95%E7%8E%8B.jpg
13日、バチカンのシスティーナ礼拝堂の煙突から上がった、新法王選出を告げる白煙(AP)

世界約12億人のカトリック信者の頂点に立つ新たなローマ法王を決める枢機卿らによる選挙(コンクラーベ)は13日夜(日本時間14日未明)、第266代法王にアルゼンチンの首都ブエノスアイレス大司教のホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿(76)を選んだ。新法王は「フランチェスコ1世」を名乗る。12日の選挙開始以来、5回目の投票で決着した。
世界の最大のカトリック人口を抱える中南米から初の選出。厳格な規律で知られる修道会、イエズス会出身の初の法王でもある。前法王ベネディクト16世と同様の保守路線を継承するとみられる。
聖職者による性的虐待などのスキャンダルに揺れるカトリック教会の信頼回復という大きな課題に取り組む。
新法王は13日夜、バチカンのサンピエトロ広場に詰め掛けた信者らに「私の兄弟である枢機卿たちは世界の果てまで(新法王を)探しに行ったようだ。私のために祈ってください」とあいさつした(共同)

新ローマ法王フランチェスコ1世(76)の選出が決まった13日夜、バチカンのサンピエトロ広場は、数万人の信者らの「ビバ、パパ」(イタリア語で「法王万歳」の意味)の叫び声がこだました。
12日のコンクラーベ開始から約26時間半後の13日午後7時過ぎ、システィーナ礼拝堂の煙突から白煙があがった。大聖堂の鐘が鳴り響き、雨の中、傘をほうり投げ、大聖堂に向かって走る人々の姿もみられた。
大聖堂のバルコニーに現れたフランチェスコ1世がイタリア語で「ボンナセーラ」(こんばんわ)とあいさつし、「司祭と人々で共に旅を始めましょう」と語りかけると、再び歓喜に包まれた。イタリア人のアルベルト・ミッリョラーティさん(64)は「親近感を感じた」と期待を寄せた【バチカン=宮下日出男】
MSN産経フォト -2013年3月14日
http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2013/03/14pope/

    • -