読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の土俵で褌を取る

気になったニュースの備忘録+α

日本国憲法

日本国憲法

今日は衆院選、午後に行ってくる。
日本国憲法について勉強も研究もしたことはない。
これも平和ボケした日本人だから許されることかもしれない。

憲法第九十六条  この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

この条文があるがため実質憲法改正はできないでいる。そこで実態と矛盾した物があっても屁理屈で回避している。朝鮮戦争が始まり米軍が朝鮮半島派兵で日本が空っぽになり治安維持することができなくなった。そこで自分達が押し付けた日本国憲法第九条に反する軍隊を日本に作らせることを認める訳にも行かず、名称を警察予備隊として軍隊を急遽作った。元々が軍隊だから変遷があり呼称は自衛隊となり今では完璧に自己完結できる軍隊となった。
誰が見ても軍隊なのにこれを日本政府は軍隊では無いと言い張り続け、第九条と矛盾しないとこれも言い張り続けている。

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

この結果、例えば国際協力でも正式には紛争国への治安維持活動もできない。薬、食料、衛生管理等の援助が非戦闘地域でかろうじてできるだけで、アメリカとの安全保障条約に反することが起きてもアメリカ軍を助けることができない。
このことで安全保障条約が切れても仕方がないじゃないか。

しかし、どのように矛盾があり無理があってもこの憲法を改正してはいけない。
どうしても改正が必要ならば第九十六条を成功法でクリアーすればいいだけのことだ。
実質改正することができない条文第九十六条で第九十六条も改正できないがそれでいいのだ。
いざ一朝事があり千軍万馬往来のみぎりとなった時は内閣が緊急避難*1で『何か』を執行すればいい。そして必要と思うのなら与野党一致団結して即時改正即時施行*2し即時国民投票執行すればいい。ひょっとしたらその時にはネット投票が可能になっているかもしれない。
自衛隊の存在と第九条の関係は今まで通り屁理屈で押して行けばいい。
机上の戯言かもしれないがこの憲法施行以来『日本人は戦争で人を殺しも殺されてもいない』という一点でこの憲法が大事なのだ。
最近、中国が尖閣諸島、ロシアが北方四島、韓国が竹島の問題で色々やってくる。このちょっかいに対して憲法があるから何もできないと言い訳をしている弱気な日本政府に腹を立てている人を見かけるがそれで良い。
「憲法があるから何もできません。何とかして欲しいのなら憲法を改正してくれ」と言い続けるだけで実際に改正しなければそれでいい。全部憲法のせいにすればいいのだ。

もし憲法改正して自衛隊を軍隊と認めるとどうなるか。いくら専守防衛だけと言っていても実際に事が起きた時に今迄と違う判断と命令が出る。「撃て」と。それまでためらってきた命令が出る。今迄は自衛隊員が人を殺せば「殺人」だったが、軍人が軍規に依って人を殺しても「殺人」とはならない。このタガが外れると人が死ぬことになり最悪戦争状態に入って行ってしまう。
この憲法があるからこそ今迄日本人は軍事行動できなかったしさせられなかった。自衛隊員は人を殺していないし殺されてもいない。そんな国が他にあるか。

*1:憲法に『緊急避難』は無いだろうけど

*2:他の条文の関係で即時施行はできないかもしれないが