人の土俵で褌を取る

気になったニュースの備忘録+α

ブラタモリ

また来てちょ

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/5420/23_%E3%81%BE%E3%81%9F%E6%9D%A5%E3%81%A6%E3%81%A1%E3%82%87.jpg
2017年6月17日中日新聞朝刊
縦読み『また来てちョ』

熱田台地(名古屋台地)
Google Maps 名古屋台地 笈瀬川 江川 街道

ブラタモリ名古屋視聴率

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/5421/24%20%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%A2%E3%83%AA%E8%A6%96%E8%81%B4%E7%8E%87.jpg
2017年6月20日中日新聞朝刊

尾張徳川家の十九代目当主・徳川義親

尾張徳川家の十九代目当主・徳川義親

 幕末の傑物・松平春嶽(しゅんがく)の実子にして、尾張徳川家の十九代目当主・徳川義親(よしちか)氏は、「虎狩りの殿様」と呼ばれた。マレー半島で野生の虎に襲われそうになりつつ、ひるまずに仕留めたという武勇伝のためだ
▼そんな「殿様」が言葉を武器に時の政権に挑んだのは、一九二五年三月十九日のことだ。その日、貴族院本会議では、治安維持法案の採決が行われようとしていた
衆院への法案提出から、わずか一カ月。大臣の発言は脱線続きで、官僚が釈明に追われた。言論や思想の自由を脅かしかねぬものとして世論の反対は強く、衆院で可決された時は「満天下の非難をよそに、生まれ出(い)づる悪法案、多数の力でひた押しに遂(つい)に衆院を通過す」と報じられた
貴族院での審議時間は、ごくわずか。そういう状況での採決に、侯爵・義親氏は「特権階級中の特権階級である我々がこの法案に賛成せぬのは、勇気がいること」と断りつつ、反対意見を述べた
▼治安維持というが貧困という根を絶たねば、過激思想という葉も枯れぬ。政府は言論弾圧など乱用を許す曖昧な点はないと言うがとても信じられぬ。ひとたび誤用されたならば、その結果は極めて恐ろしいものになる、と
▼そんな「殿様」の警鐘が九十年余の時を経て、生々しく響く。「共謀罪」という虎が放たれた今、ひるまずに、言論という武器を使い続けることができるか。
中日新聞 中日春秋
DATE:2017年6月16日(金)
URL:http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017061602000108.html

断捨離

断捨離

断捨離は、「断・捨・離」として2010年の流行語にも選ばれ
断捨離 - Wikipedia

家(部屋)を片付ける方法の一つとして『一年使わなかった物は容赦なく捨てる』と言うのは知っていたが『断捨離』という言葉は知らなかった。
この前たまたまテレビを観ていて高橋英樹の断捨離を知った。
【俳優の自宅】高橋英樹さんの断捨離33トン もぬけの殻の自宅【画像あり】
何も無くなった部屋を見ると、これはすごいと言うより何か悲しくなるような雰囲気がする。
少しずつ捨てることができなかったのかもしれない。
自分の過去の存在に密接に繋がっている物の処分を判断する時、その都度悲しい思いをする。
それに耐えることができず、それらの物を一々見ずに業者に頼んで売却リサイクルではなく一括廃棄処分したのかもしれない。
自分も捨てることができないタイプの人間で色んな物が取ってある。
お袋がそのタイプで綺麗に仕舞ってある。
多分、捨てる事ができずに綺麗に梱包し、押入れや納戸に片付ければストンと何かの意識が完結するのだろうな。
数代前からの水屋、長持ち、米櫃(桶)、お釜、茶釜、鍋、やかん、火鉢、大皿等多くの食器、反物数十反、布団数組、座布団数十枚・・・
既に箪笥十竿以上とその中身の着物、その他布等は廃棄しているし、この様に書き出したらそれ程の物ではないではないか。
よーし、自分も使ってない物を思い切って捨てるぞ!!
・・・・少しずつ(セコッ

    • -

稼ぐと働くとは大違い

収入ない「家事・育児・介護」も労働です!

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/5413/18_%E5%85%B1%E7%A8%BC%E3%81%8E.jpg
2017年6月5日中日新聞朝刊

労働(ろうどう)とは - コトバンク
労働 - Wikipedia
家事労働 - Wikipedia

    • -

荒木雅博 2000安打

荒木雅博

トラの巻

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/5412/16_%E8%8D%92%E6%9C%A8%E9%9B%85%E5%8D%9A%202000%E6%9C%AC.jpg
2017年6月5日 中日新聞朝刊

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/5414/17_%E8%8D%92%E6%9C%A8%E9%9B%85%E5%8D%9A%202000%E6%9C%AC.jpg
2017年6月6日 中日新聞朝刊

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/5415/18_%E8%8D%92%E6%9C%A8%E9%9B%85%E5%8D%9A%202000%E6%9C%AC.jpg
2017年6月7日 中日新聞朝刊

中日春秋

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/5411/15_%E8%8D%92%E6%9C%A8%E9%9B%85%E5%8D%9A%202000%E6%9C%AC.jpg
2017年6月5日 中日新聞朝刊
テキスト

続きを読む

一日一食

一日一食

2017年5月16日、一日一食を初めてみることにする。
ただ、頬が痩けるだろうしあまり痩せたくはない。
今に始まったことじゃないけど、

  1. 夜眠れない。
  2. 腰が痛い。首も痛くて回せなくなった。
  3. 腿の筋肉が落ちて立ち上がるのに難渋をする(スクワットしても筋肉が付かない)。
  4. 最近では直ぐに疲れる様になった。

疲れると言うのは集中力がなくなり、やっていることが嫌になり、やっつけ仕事になり眠くなる。『直ぐに』と言うのは1時間半位。
これらの度合いが日に日に増してくる。

今63歳。身長164cm体重56.1kg*1
18歳から25歳位までは一日に夕食の一食で済ませていた。
それでも筋肉がそれなりに付いていた。
その頃の身長165~6cm体重53~55kg*2
若かったから当たり前のことかもしれないが、その頃体調はすこぶる良かった。
身長が減ったのは髪の毛が薄くなったせいかもしれない。

食べるのは夕食(午後6時半頃)にする。
その他に軽運動後に『砂糖*3+きなこ+牛乳』を一日に200cc×昼と夜の二回飲む。
NHKためしてガッテンで』運動後直後にタンパク質+糖を摂取すると筋肉が付きやすいと言っていたから、これだけは続けようと思う。
軽運動とは腕立て伏せ20回×2 腹筋20回×2 スクワット30回×2。
その他たまに食材買い物(往復1.6km)で徒歩、図書館(往復3.2km)へは自転車。

どうなるか、止めるかもしれないがそれも含め続きを書こうと思う。

2017年5月22日

続いている。
やり始める前からひいていた風邪のため体調の変化は分からない。
夕食までの間、多少の空腹感はあるけど「メッチャ腹減ったー」とは感じないためその点の苦痛は皆無。
45年前の癖を身体が覚えていたのか。まさかね。

2017年5月23日

『やってみました!1日1食 長寿遺伝子が微笑むファスティング』 船瀬俊介/著
『一日一食 40歳を過ぎたら、食べなくていい』 石原結実/著
『「食べない」健康法 コストゼロで今日からできる驚異の健康革命!』 石原結実/著
を借りてきた。
5/25 53.5kg 16.6%

*1:体重測定はいい加減。冬はメッチャ着ぶくれ(タイツ2枚+ズボン2枚、長袖肌着+厚手のシャツ+毛糸のセーターの上にトレーナー)のうえ靴下2枚脱がないので体脂肪率計測不可。夏は短パンTシャツ。着ているものだけで2kg位の差はありそう。57kgオーバー行ったことあり

*2:53kgなのに筋肉がそれなりに付いていた

*3:2017/05/29砂糖を蜂蜜に変更

続きを読む