人の土俵で褌を取る

気になったニュースの備忘録+α

全固体電池

EV期待の「全固体電池」試作

世界的にEV=電気自動車へのシフトが加速する中、リチウムイオン電池に替わる次世代の電池として期待される「全固体電池」の試作品の開発に、長岡技術科学大学などの研究グループが成功したと発表し、EVの性能アップにつながるか注目されます。
「全固体電池」は電気自動車で一般的な「リチウムイオン電池」より、充電時間が大幅に短く、走行距離が飛躍的に伸びると期待される次世代の電池で大手自動車メーカー各社がこぞって開発を進めています。
この「全固体電池」について、長岡技術科学大学と大手ガラスメーカー「日本電気硝子」でつくる研究グループが試作品の開発に成功したと発表しました。
開発されたのは10円玉ほどの大きさの「全固体電池」で、電極にナトリウムが含まれる結晶化ガラスを使い、燃えにくく安全性が高い酸化物と一体化させることで、常温でも安全に使うことができるということです。
またリチウムイオン電池と異なり、「レアメタル」と呼ばれる希少な金属が使われていないことから、コストを抑えて供給できるメリットがあるとしています。
研究グループでは、将来の実用化を目指し自動車メーカーなどと組むことも検討したいとしています。
長岡技術科学大学の本間剛准教授は「今後、他の企業とも連携することも検討している。今後も安心安全でコストを抑えた電池の開発に取り組んでいきたい」と話しています。
2018年01月17日 18時14分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20180117/1030001574.html

トヨタが新電気自動車 充電数分、距離大幅増の電池搭載

 トヨタ自動車は、現状の電池よりも飛躍的に性能を高めた次世代の「全固体電池」を搭載した電気自動車(EV)を二〇二二年にも日本国内で発売する方針を固めた。現在のEVの弱点である航続距離を大幅に延ばし、フル充電も数分で済む。車載用では世界初の実用化になるとみられ、EV開発で欧米メーカーが先行する中、革新技術の導入で巻き返しを図る。 
 現在、各社が販売するEVの車載電池には主にリチウムイオン電池が使われている。
 電解質を液体から固体に替えた全固体電池は、リチウムイオン電池の二倍の充電量を見込める。現行のEVは航続距離が三百~四百キロ程度とガソリン車より短く、急速充電であっても数十分かかるが、全固体電池はこれらの弱点を一気に解決する可能性がある。
 長年にわたり全固体電池の研究を進めてきたトヨタは昨年、東京工業大などとの共同研究で電解質に適した固形素材を発見したと発表した。
 二二年以降に国内での市販を目指す新型EVに搭載するため、量産化に向けた開発を今年から本格化させた。新たにEV用のプラットフォーム(基本骨格)を開発し、全固体電池を搭載する計画だ。一九年にも中国で生産、販売する小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「C-HR」をベースにしたEVは、迅速な市場投入を優先して既存のリチウムイオン電池を使う予定だ。
 全固体電池の開発は、独BMWフォルクスワーゲンVW)なども進めているが、量産を巡る具体的な計画は明らかになっていない。
<全固体電池> 充放電の際にイオンの通り道となる電解質にセラミックなどの固体を使用する。液体を使うリチウムイオン電池と異なり液漏れの心配がなく、高熱にも耐えるため安全性が高い。出力や蓄電量も倍以上の性能が期待できる。
東京新聞 2017年7月25日 朝刊

    • -

第36回全国都道府県対抗女子駅伝 愛知8位

第36回全国都道府県対抗女子駅伝競争大会

愛知8位 9年連続入賞

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/7255/94_%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%A7%85%E4%BC%9D%E6%84%9B%E7%9F%A58%E4%BD%8D.jpg
2018年1月15日中日新聞

    • -

嫉妬

嫉妬

中日春秋(朝刊コラム)

 「権助魚(ごんすけざかな)」「権助提灯(ごんすけぢょうちん)」に、「悋気(りんき)の独楽(こま)」…。落語には嫉妬を明るく笑う噺(はなし)が少なくないが、そんな噺のまくらによく使われるのが、こんな文句。<焼きもちは遠火に焼けよ 焼く人の胸も焦がさず味わいもよし>
▼だが、焼きもちというのは、そう加減よくは焼けないもので、気がつけば我を忘れ真っ黒に焦がしてしまう。恋愛のことならまだかわいげもあろうが、出世やらをめぐっての嫉妬となると陰湿になり、胸の中の暗い炎で自分自身をも焼いてしまう
▼今、そういう嫉妬の恐ろしさを、それこそ身を焼くような思いで感じているのは、カヌーの日本代表だった鈴木康大(やすひろ)さん(32)だろう。後輩の後塵(こうじん)を拝することに耐えられなかったのか、その選手がドーピング検査に引っ掛かるように細工をしたという
▼何ともやりきれぬ出来事だが、それでも少し救われる思いがするのは、本人が良心の呵責(かしゃく)に耐えかね真相を話し、「実力が無いにもかかわらず、努力することを怠った」と反省、謝罪していることだ
▼落語家の立川談志さんは生前、嫉妬について愛弟子に、こう説いたそうだ。「己が努力、行動を起こさずに自分のレベルまで下げる行為、これを嫉妬と云うんです…本来なら相手に並び、抜くための行動、生活を送ればそれで解決するんだ」(立川談春著『赤めだか』)
▼懐中に入れておきたい、嫉妬の処方箋である。
2018年1月11日 中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2018011102000061.html

立川談志の名言・格言_bot

己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱みを
口であげつらって、自分のレベルまで下げる行為、
これを嫉妬というんです。
https://twitter.com/dannshi_bot/status/950990117803446272

一緒になって同意してくれる仲間がいれば更に自分は安定する。本来なら相手に並び、抜くための行動、生活を送ればそれで解決するんだ。しかし人間はなかなかそれができない。嫉妬している方が楽だからな。
https://twitter.com/dannshi_bot/status/951012700607295488

    • -

ジブリとわたし

紅の豚

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/7236/92_%E3%82%B8%E3%83%96%E3%83%AA%E3%81%A8%E7%A7%81.jpg
2018/01/05 中日新聞朝刊ファインモールド 鈴木邦宏さん

となりのトトロ

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/7237/93_%E3%82%B8%E3%83%96%E3%83%AA%E3%81%A8%E7%A7%81.jpg
2018/01/07 中日新聞朝刊 大工 中村武司さん

    • -

こう吐く歌合戦

2017 こう吐く歌合戦

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/7229/91_%E3%81%93%E3%81%86%E5%90%90%E3%81%8F%E6%AD%8C%E5%90%88%E6%88%A6%20%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%AD%A3%E6%98%8E.jpg
よいお年を 佐藤正明
2017年12月31日 中日新聞朝刊

    • -

人情交差点

九番団地

まなびや

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/7153/86_%E4%B9%9D%E7%95%AA%E5%9B%A3%E5%9C%B001.jpg
2017年12月5日中日新聞朝刊

カリーニョ

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/7154/87_%E4%B9%9D%E7%95%AA%E5%9B%A3%E5%9C%B002.jpg
https://goo.gl/WiC774Google マップ
2017年12月6日中日新聞朝刊

おしゃべりサロン

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/7155/88_%E4%B9%9D%E7%95%AA%E5%9B%A3%E5%9C%B003.jpg
2017年12月7日中日新聞朝刊

炊き出し

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/7156/89_%E4%B9%9D%E7%95%AA%E5%9B%A3%E5%9C%B004.jpg
2017年12月8日中日新聞朝刊

日本語教室

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/7157/90_%E4%B9%9D%E7%95%AA%E5%9B%A3%E5%9C%B005.jpg
2017年12月9日中日新聞朝刊

『九番団地』と聞けばネットで良いことは聞こえてこない。
昔、九番団地の東側道路沿いにあったミスタードーナツに友人と数度寄ったことがある。
普通、用事もなく団地の中に入ることはしないわな。
ちょっと『九番団地』が紹介されていたから。

2018年1月19日追記

九番団地を再開発名古屋・港区、屋台村や民泊

住宅施工・不動産管理業の中駒産業(名古屋市中村区)は、同市港区で運営する名古屋市内で最大級の民間賃貸住宅「九番団地」(1475戸)の再開発に乗り出す。今年秋にも飲食店向けの商業施設を整備し、空き部屋で外国人旅行者向けの民泊などを検討する。全国の団地で老朽化や空き部屋対策が課題となる中、新たな観光スポットを目指す取り組みは、注目を集めそうだ。
中駒産業によると、住居棟はそのまま残し、団地東側の老朽化した既存の商業施設を取り壊し、再整備する。低価格路線の日本料理店や焼き肉店など30店を誘致し、「屋台村」をイメージした施設にする方針。
また、住民の高齢化などで団地の3分の1に当たる約500戸に増えた空き部屋を活用。中部国際空港(愛知県常滑市)からバスで直接乗り付ける外国人観光客向けに、民泊事業を計画する。団地や周辺の高齢者が利用できるデイサービス事業所の誘致も検討する。
団地の遊休スペースでは、小劇場や住民が集える工房などを整備する考えだ。
九番団地の南約800メートルでは今年秋、三井不動産(東京)の大型商業施設「ららぽーと名古屋港明」(約220店)が開業予定。中駒産業は、ららぽーとの利用客が九番団地にも立ち寄れるよう、団地内に新たに約300台分の駐車場を設けるなど、相乗効果を狙う。
1974(昭和49)年に開設された九番団地は昨年8月、独立行政法人都市再生機構」(UR)から中駒産業に譲渡された。運営母体が民間に移ったことで、住民には家賃の値上げを懸念する声がある。
中駒産業の中島実社長は「再開発は収益アップになり、団地の安定運営につながる。家賃は上げず現状の水準を維持する」と話す。
◆高度成長の象徴各地で再生
高度経済成長期などに各地で建設が相次いだ大型団地。より大規模な「ニュータウン」は、高蔵寺ニュータウン(愛知県春日井市)、大山田ニュータウン三重県桑名市)など全国に60ほどある。完成から半世紀近くが経過した施設も目立ち、再開発や有効活用の試みが活発化している。
国土交通省は、2025年度までの「住生活基本計画」で、URが所有する全国の大型団地のうち、150件を地域の医療や福祉の拠点にする目標を定めた。
UR中部支社によると、愛知県内では11団地で医療・福祉の拠点化に向け改装を進めている。うち豊明団地(愛知県豊明市)では、地元の大学が運営母体で健康相談ができる保健室を空き店舗に誘致した。今後は岐阜、三重など他県でも改装に取り組む。
一方、各地の団地の空き部屋対策では、バリアフリーサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に改装する取り組みが目立つ。
高齢者向け住宅を展開する企業「コミュニティネット」(東京都千代田区)は、名古屋市北区など全国10カ所の団地などで、空き部屋をサ高住に改装する事業を進める。担当者は「介護に不安を抱える住民がおり、需要は増える」とみる。
国交省によると、6月には、住宅の部屋に有料で旅行者を泊める民泊を全国で解禁する住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行される。東京五輪を見据え、団地の空き部屋を民泊に活用する動きが広がる可能性がある。
<九番団地>都市再生機構(UR、旧日本住宅公団)が、人口増加と住宅不足に対応するため開設した。敷地は5万699平方メートルで8棟が並ぶ。住民の約6割が60歳以上で、2割がブラジルなどの外国人。団地ではボランティアによる外国人向けの日本語教室や学習支援教室もあり、多文化共生の取り組みが盛んだ。
(池内琢)
中日新聞2018年1月18日 09時00分

    • -

大陸間弾道メッセージ

大陸間弾道メッセージ 佐藤正明
https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/7133/84_%E5%A4%A7%E9%99%B8%E9%96%93%E5%BC%BE%E9%81%93%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8.jpg
2017年12月9日 中日新聞朝刊

    • -