人の土俵で褌を取る

気になったニュースの備忘録+α

兼高かおる

兼高かおる

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/97/7700/28_%E5%85%BC%E9%AB%98%E3%81%8B%E3%81%8A%E3%82%8B%2020190110.jpg
2019年1月10日中日新聞

中日春秋
 最初の取材旅行に出発する時には、羽田空港のロビーに、のぼりが立ち、万歳三唱が響いたという。一九五九年のことだ。今ならば、日本の若い女性が、スペースシャトルにでも乗るような騒ぎだったと、旅行ジャーナリストの兼高(かねたか)かおるさんは、著書で振り返っている。宇宙ほども遠い世界を目指した冒険のような旅である
▼一ドルは三六〇円で海外渡航は自由化前。「夢のハワイ旅行」がクイズ番組の賞品になるのもまだ先のことだった。そんな時代に始まる紀行番組「兼高かおる世界の旅」は、お茶の間から遠い国々を見る小さな窓になる
▼日曜の朝、家族とともにテレビで遠い世界を見るのが習慣だった方も多いだろう。得意の語学力に加え、兼高さんの旺盛な好奇心と行動力が番組に精彩をもたらす。九〇年まで続く長寿番組になった
▼国の大小を問わず旅して、名もない人にも大物にも接してきた。難民収容所から王宮へと向かったこともある。有力者にここに残れと言われて逃げたり、島をプレゼントされたり。冒険譚(たん)も多い
▼「地球は丸いといいますが、わたしは自分で見るまで信じません」。若いころそう話したという。旅の驚きを多くの人と分かち合う喜び。それが原動力だったようだ。その力のおかげだろう。小さな窓の向こうの異国情緒は今も思い出せる
▼九十歳で他界された。旅に生きた人の旅立ちである。
中日新聞 中日春秋 2019年1月11日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2019011102000118.html

関連ブログ
兼高かおる - 人の土俵で褌を取る

    • -

中日春秋

サンタクロース

クリスマスの物語を書きたいと公園で考えていたら見知らぬ犬が一冊の本をくわえてきた。読むとこんな話だった
▼その犬は人になりたかった。人になって、おいしいものを食べる。暖かい帽子をかぶる。願いをかなえる太った男のうわさを聞いた。頼んでみよう
▼犬は太った男を捜そうと村へ出かけた。太った男は見つからないが、年老いた女に出会った。「クリスマスよ。あなたにも」。パンを一つくれた。裏通りでは若い男が犬に声を掛けた。「寒いだろう。クリスマスだ。この帽子をあげよう」。犬は大喜びした。パンに帽子、僕は人間になっていく
▼日が暮れた。雪が降ってきた。パンに帽子。けれど僕は人間にはなれない。街灯の下で泣いている女の子に会った。雪は強くなったが、帽子もコートもない。お母さんが帰ってくるのを待っているという。寒い夜に独りきり。犬はパンと帽子を女の子の足元にこっそりと置いて駆けだした
▼帰り道。ひどい吹雪になった。前へ進めない。寒い。おなかもすいたが、犬は女の子のことを考えた。あの帽子とパン。喜んでくれたかな。翌朝。人間の若者がそこに倒れていた
▼悲しいよ。本をくれた犬に言うとまだ先があると教えてくれる。人になった犬はあれから、太った男の手伝いをしているそうだ。やさしさと喜びを集め、足らない場所に配る仕事らしい。おまえもかい?
中日新聞 中日春秋 2018年12月24日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2018122402000096.html

読解力がないせいか訳がわからない・・・
本の物語に出てくる「犬」は映画『ペイ・フォワード可能の王国』のような事が起こり「人間の若者」になれたが死んでしまった。
しかし、死後に太った男(多分サンタクロース)の手伝いをする者になった。
最初に本を持って来た犬は本の中の『犬』とは関係のない犬で、この犬もサンタクロースの手伝いをしている様だ。
結論・・・何だコレ?

    • -

続一日一食

一日一食 - 人の土俵で褌を取るから続く

続一日一食

2018年12月10日

血圧 上124 下73 脈拍57 体重51.3kg(冬服着込み)
『一日一食』を止め、一日二食にする。
理由はサルコペニア*1予防、特に脚の筋力のため負荷を*2かけているが、一向に腿と臀部が太くならないし脚力も強くなったと思えない。

今のままではタンパク質を全くと言っていいほど取れていない。そこで、次の様にする。
■三日に一度
・13:00 卵かけご飯一杯
・13:30 BCAAサプリ
・13:45 ~14:30スクワットが主の筋力負荷、縄跳び
・14:30 プロテイン20g+牛乳、食パン半切れ、えごま油大さじ1ワサビ醤油少々
・15:30 プロテイン少量(約3~5g)+水(以後時々飲む)

■二日間
・13:15 卵かけご飯一杯
・13:45~14:30 体幹柔軟体操、縄跳び
・14:30 プロテイン20g+牛乳、食パン半切れ、えごま油大さじ1ワサビ醤油少々
・15:30 プロテイン少量(約3~5g)+水(以後時々飲む)

タンパク質の量は一日当り50gから60gにしなくてはならないらしく、今後プロテインの量は変動させる。

筋肉量の減少をきたしやすい高齢者が筋肉量を維持するには0.8g/kg/日では不十分で,1.0~1.3g/kg/日程度の摂取が必要との指摘もある.欧米からの報告では1.6g/kg/日のタンパク質で運動による筋肉量増加を認めたとか,1.0g/kg/日が筋肉量の低下を予防する最低限のタンパク質摂取量だなどの報告もある.現在,日本人の食事摂取基準では高齢者でも成人と同様男性で推定平均必要量を50g/日,推奨量を60g/日,女性で推定平均必要量を40g/日,推奨量を50g/日としているが,今後この量でサルコペニア予防が実現できるかの検証が必要である.
葛谷雅文
名古屋大学大学院医学系研究科
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/52/5/52_328/_pdf

ただ、ウツには『一日一食』はいいかもしれない。
『一日一食』の間、ひどいウツは出なかった。
22時半に眠れる様になり、6時に気分良く目が覚め直ぐに動き出す事ができた。
朝、起きても寒くて動けないこともなかった。
ウツの回避を最優先とし、このことで強いウツになるようなら『一日一食』状態に戻す。

参考資料
Sarcopenia_Nutrition_Monograph_Japanese.pdf
https://goo.gl/z5ra4k

インターミッテント・ファスティング
https://service.smt.docomo.ne.jp/r4d/web/noauth/blog/161201.html

オートファジー 東京大学医学部大学院医学系研究科
http://square.umin.ac.jp/molbiol/research/index.html
Archives http://archive.is/ajnFW

リーンゲインズとは?
https://athletebody.jp/intermittent-fasting/

    • -

*1:加齢による骨格筋量の低下

*2:腕立て伏せ、プランク、スクワット、縄跳び等