人の土俵で褌を取る

気になったニュースの備忘録+α

将棋・藤井四段、デビュー11連勝 21年ぶり新記録

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/5196/06_%E8%97%A4%E4%BA%95%E8%81%A1%E5%A4%AA.jpg
デビューから11連勝を達成した藤井聡太四段=4日午後、大阪市の関西将棋会館で(榎戸直紀撮影)

 現役の中学生で、史上最年少の将棋プロ棋士として活躍中の藤井聡太四段(14)が四日、大阪市の関西将棋会館であった対局で小林裕士(ひろし)七段(40)を破ってデビューから負けなしの十一連勝を達成し、連勝記録を二十一年ぶりに塗り替えた。
 日本将棋連盟によると、記録が残る一九五四年以降、松本佳介(よしゆき)六段(45)が九六年、近藤正和六段(45)が九七年に十連勝を達成。藤井四段も十連勝をかけた先月二十三日の対局で勝ち、タイに並んでいた。
 記録更新をかけたこの日は、七大タイトル戦の一つの王将戦の予選。藤井四段は中盤で苦戦したが、得意の詰め将棋で鍛えた終盤で見事な攻勢を仕掛け、快勝した。次は十三日に星野良生(よしたか)四段(28)と対局する。
 藤井四段は愛知県瀬戸市生まれで、杉本昌隆七段(48)の門下。昨年十月、史上最年少の十四歳二カ月でプロ入りした。十二月のデビュー戦では、従来の最年少記録(十四歳七カ月)の保持者で、タイトルを通算八期獲得した現役最年長の加藤一二三・九段(77)に勝ち、注目を集めた。
 中学生の将棋プロ棋士は加藤九段、谷川浩司九段(54)、羽生善治三冠(46)、渡辺明竜王棋王(32)に続いて史上五人目。

◆望外、素直にうれしい
 <藤井四段の話> 自分の実力からすると望外のこと。ここまでこられたのは素直にうれしい。プロになったとはいえ実力はまだまだ足りない。プロは勝ち負けだけでなく内容が重要。全体的に精度を高めたい。連勝を伸ばせるよう一局一局頑張って指す。

中日新聞プラス
URL:http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=448470&comment_sub_id=0&category_id=112

関連ブログ:
愛知の藤井さん、最年少プロ棋士 14歳2カ月

    • -