読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の土俵で褌を取る

気になったニュースの備忘録+α

全国都道府県対抗女子駅伝

全国都道府県対抗女子駅伝<全国都道府県対抗女子駅伝>◇17日◇京都・西京極陸上競技場発着(9区間=42・195キロ)

 愛知が、史上最大の逆転劇で初優勝を飾った。昨夏世界選手権北京大会5000メートル9位の鈴木亜由子(24=日本郵政グループ)がアンカー9区(10キロ)に登場。4位でたすきを受けて、トップ京都との1分37秒差をひっくり返した。9区の逆転で過去最大だった87年神奈川の29秒差を大幅に更新。五輪イヤーの初レースで大いに弾みをつけた。2位は兵庫、3位は群馬、4位は京都だった。


 異次元の走りだ。愛知の鈴木亜が、3人をごぼう抜きした。8・3キロ過ぎでトップに立つ。「抜き返されるのは絶対嫌。体の動きのままいった」。ぐいぐい差を広げて右手人さし指を突き上げてゴール。「びっくり。本当にうれしい」。昨年、トラック勝負に敗れて3秒差で4位の無念を晴らした。

 1分37秒差の4位でたすきを受けた。「正直、1位になる自信はなかった」。昨年末に左足付け根に痛みが出て、調整は万全ではなかった。米田監督は「たぶん30%ぐらいしか練習できてないと思う。まさか1分半の差を逆転とは…」とびっくり。単純計算で1キロごとに差を10秒ずつ縮めて、鈴木亜は「思ったより体が動いた。とにかく前を追うだけだった」と笑った。

 微差の重要性を知る24歳だ。昨夏の世界選手権、入賞までわずか0秒29差の9位。ほぼ同時にゴールした8位のオランダ選手に勝てば、リオ五輪内定だった。「あそこで勝ち切れないのは弱さと思う。そこは克服するところ」と口にする。

 五輪イヤーを初V発進。「去年(4位)の悔しさを乗り越えられた。世界選手権は0秒29差で入賞できなかったので(五輪で)チャレンジしたい」。名古屋大卒の頭脳派ランナーがリオに向かう。【益田一弘】

 ◆鈴木亜由子(すずき・あゆこ)1991年(平3)10月8日、愛知県豊橋市生まれ。小2から陸上を始める。時習館高-名古屋大-日本郵政グループ。昨夏の世界選手権女子5000メートルは自己ベストを更新し15分8秒29で9位。154センチ、39キロ。


TITLE:鈴木亜由子97秒差大逆転で愛知初V 五輪へ弾み - 陸上 : 日刊スポーツ
URL:http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1593622.html


【詳細】
◇17日◇京都・西京極陸上競技場発着(9区間=42・195キロ)

 愛知が最終9区で1分37秒差を大逆転して初優勝した。男子は次週24日、広島で開催。

http://www45.atwiki.jp/jippensha/?cmd=upload&act=open&pageid=57&file=51%E6%84%9B%E7%9F%A5%E3%83%BB%E9%88%B4%E6%9C%A8%E4%BA%9C%E7%94%B1%E5%AD%90.jpg
1位でゴールする愛知・鈴木亜由子(撮影・渦原淳)
【1区=6キロ】
12時半、スタート。気温は10度
高知と広島などが好スタートを切って集団を引っ張る
◆1キロ 兵庫(田中=西脇工1年)が1位で通過。3分11秒
◆1・5キロ 富山(野尻)が遅れ始めた
◆中間点 9分40秒。横長の大集団で通過
◆3・2キロ 新潟(小泉)が転倒もすぐに集団に戻る
◆4・7キロ 新潟(小泉)が先頭に立つ
◆5キロ 山梨が先頭集団のトップに立つ
◆5・5キロ 静岡(安藤)がスパート。10メートル以上の差を付ける
◆中継所 静岡(安藤)が昨年に続きトップでタスキリレー。安藤は2年連続の区間賞。5秒差で2位埼玉
(1)静岡
(2)埼玉
(3)福岡
(4)山梨
(5)新潟
(6)京都
(7)広島
(8)千葉
(9)北海道
(10)石川
一斉にスタートする1区の選手たち(撮影・鈴木正章)
一斉にスタートする1区の選手たち(撮影・鈴木正章)

【2区=4キロ】
◆0・6キロ 6位でタスキを受けた京都(安藤=立命館宇治3年)が静岡などを抜いてトップに
◆1・3キロ 京都がトップ。10メートルの差で静岡、広島など2位集団
◆3キロ 京都が独走。50メートル以上開いて2位集団(静岡、千葉、神奈川、福岡、広島)
◆中継所 京都がトップでタスキリレー。3秒差で2位千葉。昨年優勝の大阪は約1分遅れて30位でタスキリレー
(1)京都
(2)千葉
(3)福岡
(4)鹿児島
(5)神奈川
(6)静岡
(7)広島
(8)岡山
(9)茨城
(10)北海道

【3区=3キロ(中学生区間)】
◆1キロ 京都(曽根)が逃げる。静岡と福岡がじわじわと差を縮める
◆1・5キロ 京都と静岡、福岡の2位グループの差は4秒
◆2キロ 京都が2位グループの差を再び広げる。岡山が2位グループに加わる
◆中継所 京都がトップでタスキリレー。6秒差で2位岡山。群馬はタスキ渡しでミスし10位後退
(1)京都
(2)岡山
(3)静岡
(4)福岡
(5)神奈川
(6)兵庫
(7)長崎
(8)東京
(9)愛知
(10)群馬

【4区=4キロ】
◆1キロ 京都(関=立命大)が飛ばす。2位集団との差を広げる
◆2キロ 広島(向井=世羅2年)が11人抜きで6位に
◆3キロ 京都に兵庫に迫る
◆3・4キロ 広島は13人抜きで4位浮上
◆3・7キロ 兵庫(太田=立命大2年)が京都を抜きトップに 
◆中継所 兵庫が1位でタスキリレー。1秒差で2位京都
(1)兵庫
(2)京都
(3)福岡
(4)広島
(5)静岡
(6)鹿児島
(7)岡山
(8)秋田
(9)長崎
(10)群馬

【5区=4・1075キロ】
◆0・8キロ 京都(真部)が兵庫を抜き再び1位に
◆中間点 京都が1位、1秒ほど遅れて2位兵庫。3位福岡、4位広島
◆3キロ 京都が下りを利用してスピードを上げた。2位兵庫の差が4秒に
◆中継所 京都がトップでタスキリレー。15秒差で2位兵庫。V候補の一角・愛知が11位まで順位を上げてきた
(1)京都
(2)兵庫
(3)福岡
(4)静岡
(5)群馬
(6)広島
(7)長崎
(8)神奈川
(9)千葉
(10)岡山

【6区=4・0875キロ】
◆1キロ 京都(片山)が軽快な走りでリードをキープ
◆2キロ 愛知(吉川=資生堂)が5位まで浮上
◆2・4キロ 京都と兵庫の差が20秒以上に開く
◆3キロ 京都と兵庫の差は29秒に。群馬が兵庫に迫る
◆中継所 京都がリードを広げてタスキリレー。大会記録を4秒上回るペース。27秒差で2位兵庫
(1)京都
(2)兵庫
(3)群馬
(4)福岡
(5)愛知
(6)千葉
(7)神奈川
(8)岡山
(9)静岡
(10)長崎

【7区=4キロ】
◆1キロ 京都(和田=立命大2年)は安定した走り
◆1・8キロ 京都が兵庫の差を約30秒に広げる
◆3・1キロ 京都が独走。2位とは40秒近い差を付けた
◆中継所 京都が差を広げ大会記録を更新するペースでタスキリレー。44秒遅れて2位兵庫
(1)京都
(2)兵庫
(3)群馬
(4)愛知
(5)福岡
(6)千葉
(7)神奈川
(8)岡山
(9)鹿児島
(10)長崎

【8区=3キロ(中学生区間)】
◆中間点 京都(村尾)が飛ばす。2位兵庫との差を51秒に広げた
◆中継所 京都がトップでタスキリレー。村尾は区間タイ記録。依然大会記録を更新するペース。2位兵庫との差は1分13秒に開いた
(1)京都
(2)兵庫
(3)群馬
(4)愛知
(5)千葉
(6)岡山
(7)福岡
(8)鹿児島
(9)神奈川
(10)長崎

【9区=10キロ】
◆3キロ 京都(奥野)と2位兵庫、3位群馬の差が50秒台に縮まる
◆5キロ中間点 京都と兵庫、群馬の差が35秒に縮まる。4位愛知は53秒差
◆6キロ 兵庫が単独2位に1位京都との差が28秒に縮まる
◆7キロ 愛知が群馬を抜き3位浮上。1位京都と2位兵庫の差は23秒に
◆7・2キロ 京都と兵庫の差が18秒に。愛知も猛追
◆7・5キロ 京都と兵庫の差が11秒に
◆8キロ 愛知(鈴木)が兵庫(竹地)を抜いて2位浮上
◆8・3キロ 愛知が京都を抜き1位に! タスキリレーの地点で1分37秒差を逆転した 
◆ゴール地点 愛知の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が快走を続け笑顔でゴールし大逆転で初優勝! タイムは2時間16分2秒
喜びの愛知チーム、前列左から1区・荘司麻衣、2区・川口桃佳、3区・市原和佳、4区・鈴木純菜、5区・小倉久美、後列左から米田勝朗監督、6区・吉川侑美、7区・向井智香8区・細井衿菜、9区・鈴木亜由子
喜びの愛知チーム、前列左から1区・荘司麻衣、2区・川口桃佳、3区・市原和佳、4区・鈴木純菜、5区・小倉久美、後列左から米田勝朗監督、6区・吉川侑美、7区・向井智香8区・細井衿菜、9区・鈴木亜由子
【最終順位】
(1)愛知
(2)兵庫
(3)群馬
(4)京都
(5)千葉
(6)東京
(7)福岡
(8)長崎
(9)神奈川
(10)静岡
(11)岡山
(12)大阪
(13)鹿児島
(14)長野
(15)広島
(16)山口
(17)熊本
(18)茨城
(19)福島
(20)山梨
(21)北海道
(22)愛媛
(23)埼玉
(24)新潟
(25)三重
(26)宮城
(27)岐阜
(28)高知
(29)秋田
(30)和歌山
(31)山形
(32)徳島
(33)宮崎
(34)大分
(35)栃木
(36)滋賀
(37)岩手
(38)佐賀
(39)石川
(40)青森
(41)香川
(42)島根
(43)鳥取
(44)沖縄
(45)奈良
(46)福井
(47)富山


TITLE:愛知が大逆転初V/全国都道府県対抗女子駅伝詳細 - 陸上 : 日刊スポーツ
URL:http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1593260.html