読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の土俵で褌を取る

気になったニュースの備忘録+α

激おこプンプン丸

http://cdn45.atwikiimg.com/jippensha/?cmd=upload&act=open&page=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B008&file=91_%E6%BF%80%E3%81%8A%E3%81%93%E3%83%97%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%B3%E4%B8%B8.jpg
2013年12月28日中日新聞朝刊
2013年12月27日に安倍晋三首相が政権発足1周年記念で靖国神社参拝をした。
中国韓国は当然怒り心頭に発するコメントを出す。
ところが今回は事前にアメリカは「行かない方がいいんじゃね(絶対に行くなよ)」と言ってあったのに安倍さんがそれを無視して行ってしまったからアメリカまでが「じぇじぇじぇ~」となってしまい騒ぎとなってしまった。
このことで安倍晋三首相をマスコミは一斉に批判した。
世論は「いいんじゃね」が多かったんだそうだ。
ただ、世論はいつも言いたい放題やりたい放題の中国韓国の言動に腹が立ち「中国韓国が嫌がるならいいんじゃね」位の気持ちで靖国参拝を妥当としているのではないだろうか。
やはり靖国神社は無理がある。
無理があるから天皇も参拝しなくなった。
元々天皇靖国神社を参拝するというのは無理があった。
自分がやれと言ったことになっている戦争に負け多くの日本人が死んだ。
その詫びもあり靖国参拝に行っていただけなのではなかったのか。
中国韓国だけでなく、日本人で戦死した遺族も嫌がっている人もいると聞く。
靖国神社に現職の総理大臣が参拝してはそれらの人たちに対し配慮に欠けるというものだろう。
朝鮮人で日本の戦争に駆り出され戦死しても靖国神社に入りたくないと言う人に「それはできない」。
日本人で戦死しても靖国神社で神になりたくない人にも「それはできない」。
日本人で原爆で多くの女子供が無残に死んで行った。
日本人の若き女性たちがお国のために造兵廠で働いている時に空襲に合い多くの人達が死んだ。
この人たちを靖国神社に入れて祀ってやってくれという声に「それはできない」。
なのに戦争が終わり戦犯と看做され死刑にされた人たちが死んだ直後に靖国の御霊になったというのならまだしも後から人為的に合祀するっておかしくないか。
それをやはりまずかったから分祀してくれと言っても「そんなことはできない」。
これは融通が利かないのではなくその時靖国神社の誰かがそう決めただけのことだろう。
この決まり事に理由もいらず融通も利かないことが認められている宗教団体は靖国神社に限らず政治的に利用できる便利な機関なんだ。
あ、誰か来た・・・

    • -