読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の土俵で褌を取る

気になったニュースの備忘録+α

吐き気 乾燥肌 にはコレ!

生理食塩水の利用

水は水道水で、塩は(財)塩事業センター(元専売公社)の一番安い食塩でいい。
生理食塩水とは濃度0.9パーセントの塩水*1のこと。

吐き戻す前に胃酸から喉を守るために飲む
  • 水だけでもいいが生理食塩水があると相当楽。吐き気が襲って来る度に飲みそして吐き戻すを繰り返す。
吐き気がある時飲む
  • 何故か吐き気が収まってしまう時がある。それでもアレだと言うのならそのまま吐けば良いだけのことである。ここで我慢をしてその時が来るのを待ってもいいが、気持ち悪い辛い時間が長引くだけで得ではないな。
目を洗う
  • 目にゴミが入った時など生理食塩水をカップゼリーの容器に入れて目に当て目をパチパチしたりカップゼリーの容器を揉み々々させて目を洗う。浸透圧が同じなので目が痛くない。まつ毛なんかが取れそれが確認できると何か嬉しい。
うがい薬
  • 昔から「塩水」「お茶」でうがいをするといいと言われている。まあ浸透圧が同じ生理食塩水でうがいをするのは喉の粘膜を守ると言う意味で理に適っている。
入浴剤
  • これは生理食塩水と言うより風呂に塩を入れて生理食塩水のお風呂にする。よくテレビレポーターが温泉に浸かり「肌がすべすべ」と言っているが、そこの温泉には塩分が含まれていて「肌がヌルヌル」になっているだけのことである*2。爽快感は無い(キッパリ。夏は嫌だな。
  • 乾燥肌の人は冬に白湯の風呂に入っただけで両腕両足が猛然と痒い。風呂から出てくると両腕・両足・両もも・尻・腰・背中・と兎に角痒くなる。これを防ぐには塩水のお風呂。浸透圧が同じなので体内から水分が出て行かない。風呂から出たら直ぐ全身に今井龍弥先生考案の「美肌水」を塗る。そして最近ビタミンB群のサプリを飲んでいる・・・どうやら効いているのか良いみたい*3。ついでにビタミンCも摂っている。*4

緊張して吐き気があるがその時が来るまで待っておれない時に重宝する。
誰だったかな、女の歌手(女優だったかもしれない)が毎回舞台に出る前には緊張で吐く。そして舞台の袖で幕が開くのを待つ。それをマネージャーは後ろから強く押し出しその歌手にスポットが当たりいつもの様にステージが始まると昔聞いたことがある。あんな大歌手でもそうなのかと思ったことを覚えている。
そんなあなたに・・・コレ、どぞー
インフルエンザ、風邪、二日酔いの吐き気でもどぞー。
吐き気があると言う事は何らかの要因で胃の中で何かが起こっていて消化しにくくなっているということだと思う。或いは食べた物がその人にとって害を与える毒物だと脳に判断され外に出そうとしている。猫だって胃の調子が悪く消化しない時や食べてはいけない物を食べた時に草を食べ吐き戻す。これを『異物食』と言うと読んだことがある。調子が悪ければ取り敢えず吐き戻すと言うのは単純明快な行為なんだ。

吐き気が収まると言うのは最近気がついたw
そう言えば昔ディンギー*5に乗る前に緊張して毎回気持ち悪くなった。そんな時何故か海の水が飲みたくなり舐めたことがある。すると吐き気が収まった。以後その都度同じ事をするようになったことを思い出した。あれはあの時水分を欲したのではなく身体が塩分を要求したのかもしれない。
生兵法怪我の元と言うがこれ位なら問題ないだろう。

凍結防止剤
  • また全然関係のない利用法として融雪剤・凍結防止剤になるので家の出入り口のステップにパラパラと撒いておけば雪や氷は溶ける。予め撒いておけば雪は積もらないし凍らないので翌朝ガリガリと面倒なことをしなくてすむ。
  • もっともお湯でも掛ければ事は足りるけどw
  • ただ、気温が氷点下の時にお湯を掛けて溶かしてもまた直ぐにそれが凍ってしまうので塩を撒いた方がいいかもしれません。ただ、-10度以下の余りにも低い時*6は塩化マグネシウム・塩化カルシウムとかのもっと凝固点の低い本物の凍結防止剤*7でないと無理かもしれません。関東以南の平地なら安価な食塩でいいでしょう。

それと芝生とか植物の葉や根にこの塩水が触れると枯れるかもしれません。

塩はこれが一番安いかな。
http://www45.atwiki.jp/jippensha/?cmd=upload&act=open&page=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B007&file=16_sio_package.jpg
今見たらこれの原料は瀬戸内海の海水。
と言うことは忠臣蔵で有名な赤穂塩田の塩とか昔の伯方島塩田の塩*8と同じではないか、原料はw
昔、一流料亭の人が自分の所の店では自然塩は美味しいがその味に頼ることになるから、出汁自体にこだわっているので使わないと聞いたことがある。んじゃ、美味しい自然塩に合う美味しい出汁を作って出せば・・・まあいいか、どうせこっちは味音痴なんだし。
何てったって合成グルタミン酸ナトリウム+花かつおイノシン酸が最高!
きしめん・名古屋の雑煮は大々好物。
一年中毎日雑煮でもいいな。
最近きしめんの汁は粉末出汁にした。
美味しいね、あれ。
どん兵衛とかのカップ麺の出汁も美味しい。
こんな程度の味覚しか持っていないからどうでもいいのそんなもんは。
話が変わってきたのでこれでオシマイ。

※文章のゆれがひどい。まあいいかあ。

パクった参考 ブログ

鵜川邦夫さんブログ 生理食塩水を作ろう
http://blog.ukawaiin.com/2009/02/blog-post_21.html

    • -

*1:大体500mlのペットボトルに水を入れそのキャップ一杯弱(約5g)の塩を入れかき混ぜたものだが、適当でいい。余りにも濃かったら飲めないし、逆に薄かったら頼りないと感じるもんだ

*2:実際、和歌山白浜辺りの温泉でその様な経験をした

*3:ビタミンBは健康な肌や髪をつくり粘膜を保護する

*4:今迄ビタミン不足が甚だしかった。特にビタミンCなんか摂っていない。せめてビタミンB群とCだけでもと思い飲みだした。しかも値段が安い。

*5:小さなヨット

*6:飽和状態(23.3%)の塩水の凝固点は約-21℃だが実際は数%の塩水だろうから凝固点も-数℃と考えられる

*7:ホームセンターに売っているがちょと高い

*8:今の「伯方の塩」はブランド名で原料は外国産の美味しい塩らしい