人の土俵で褌を取る

気になったニュースの備忘録+α

藤井聡太四段30連勝ならず

藤井四段止まった 公式戦初黒星 大台30連勝ならず “イケメン棋士”に苦杯

 将棋の最年少棋士藤井聡太四段(14)が2日、東京・渋谷区の将棋会館で指された竜王戦決勝トーナメント2回戦に臨み、佐々木勇気五段(22)に敗れ、公式戦初黒星。デビューから続いていた、自身の持つ公式戦での連勝記録は29でストップした。

 この日の対局相手の佐々木五段は、羽生善治3冠、渡辺明竜王を公式戦で破っている強豪。攻めの鋭さに定評があるほか、スイス生まれの“イケメン棋士”としても話題になっている。藤井四段が歴代1位の29連勝を達成した6月26日対局は将棋会館に足を運んで視察、「周りの雰囲気には飲まれず、連勝を止める気で臨みます」と連勝ストッパーとして自信をのぞかせていた。

 藤井四段はプロ入り前の奨励会三段だった昨年5月、将棋イベントの公開対局で敗れている佐々木五段に対し、中盤までリードを許す展開。持ち前の終盤力で打開を図ったが、相手の鋭い攻めの前に盛り返せず、デビュー後初となる投了に追い込まれた。

 6月26日の同トーナメント1回戦では増田康宏四段(19)との10代対決を制し、公式戦新記録となる29連勝を達成。日本中が熱視線を送る中、昨年12月の初対局から快進撃を続けてきたが、白星街道はひとまずストップとなった。
7/2(日) 21:32配信スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000133-spnannex-ent

中日春秋

 <記録に並ぶは七月一日。そこからさらに十二試合、驚き桃の木の大選手>。「ジョルティン・ジョー・ディマジオ」(レス・ブラウン楽団)は一九四一年、全米で大ヒットした。陽気で軽快な曲を訳してみれば、こんな雰囲気だろう
▼歌の主人公はニューヨーク・ヤンキースジョー・ディマジオ。この年五月から七月にかけて大記録を達成した。今なお破られぬ五十六試合連続安打である。映画の宣伝みたいに書けば、新記録に全米が熱狂した
▼比べたくなる中学生棋士の大記録である。藤井聡太四段が公式戦二十九連勝を達成した。快挙に日本中が興奮しているとは言い過ぎか。連勝など連続のかかる記録には不思議な魅力があるようで、われわれ自身も同じ時代に居合わせた者として少年の飛行機に一緒に乗り、高い場所に向かっている。そんな興奮がある。さあ、どこまで連れていってくれるのか
▼されどである。験の悪いことを書くが、勝負である以上、連勝はいつかは止まる。才能の真価が問われるのは、おそらくその後である
ディマジオを引いたのは記録が途切れた後の話を書きたかったからである。五十七試合目に無安打に終わったディマジオ。失望も気落ちもせず、次の試合からまた十六試合連続で打った
▼新記録は新記録。だが、大棋士への道はその先にある。そんなこと、聡明(そうめい)なる四段は百も承知だろうが。
2017年6月28日 中日新聞 中日春秋(朝刊コラム)
http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017062802000123.html

連勝 藤井聡太四段 紙面で見る「成長の記録」:中日新聞(CHUNICHI Web)

    • -

※連勝中ここに何か書いたら連勝が止まるといかんから書けなかった。
兎に角すごいね。
その内取ってある新聞の切り抜きを貼る。

アイルトン・セナ

司馬遼太郎

司馬遼太郎

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/5432/26_%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E.jpg
1996年(平成8年)2月13日 朝日新聞夕刊

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/5435/27_%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E.jpg
1996年(平成8年)2月13日 朝日新聞夕刊

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/5433/28_%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E.jpg
1996年(平成8年)2月13日 朝日新聞夕刊

部屋整理していたらこんな新聞が出てきた。

    • -

ブラタモリ

また来てちょ

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/5420/23_%E3%81%BE%E3%81%9F%E6%9D%A5%E3%81%A6%E3%81%A1%E3%82%87.jpg
2017年6月17日中日新聞朝刊
縦読み『また来てちョ』

熱田台地(名古屋台地)
Google Maps 名古屋台地 笈瀬川 江川 街道

ブラタモリ名古屋視聴率

https://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/72/5421/24%20%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%A2%E3%83%AA%E8%A6%96%E8%81%B4%E7%8E%87.jpg
2017年6月20日中日新聞朝刊

尾張徳川家の十九代目当主・徳川義親

尾張徳川家の十九代目当主・徳川義親

 幕末の傑物・松平春嶽(しゅんがく)の実子にして、尾張徳川家の十九代目当主・徳川義親(よしちか)氏は、「虎狩りの殿様」と呼ばれた。マレー半島で野生の虎に襲われそうになりつつ、ひるまずに仕留めたという武勇伝のためだ
▼そんな「殿様」が言葉を武器に時の政権に挑んだのは、一九二五年三月十九日のことだ。その日、貴族院本会議では、治安維持法案の採決が行われようとしていた
衆院への法案提出から、わずか一カ月。大臣の発言は脱線続きで、官僚が釈明に追われた。言論や思想の自由を脅かしかねぬものとして世論の反対は強く、衆院で可決された時は「満天下の非難をよそに、生まれ出(い)づる悪法案、多数の力でひた押しに遂(つい)に衆院を通過す」と報じられた
貴族院での審議時間は、ごくわずか。そういう状況での採決に、侯爵・義親氏は「特権階級中の特権階級である我々がこの法案に賛成せぬのは、勇気がいること」と断りつつ、反対意見を述べた
▼治安維持というが貧困という根を絶たねば、過激思想という葉も枯れぬ。政府は言論弾圧など乱用を許す曖昧な点はないと言うがとても信じられぬ。ひとたび誤用されたならば、その結果は極めて恐ろしいものになる、と
▼そんな「殿様」の警鐘が九十年余の時を経て、生々しく響く。「共謀罪」という虎が放たれた今、ひるまずに、言論という武器を使い続けることができるか。
中日新聞 中日春秋
DATE:2017年6月16日(金)
URL:http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017061602000108.html

断捨離

断捨離

断捨離は、「断・捨・離」として2010年の流行語にも選ばれ
断捨離 - Wikipedia

家(部屋)を片付ける方法の一つとして『一年使わなかった物は容赦なく捨てる』と言うのは知っていたが『断捨離』という言葉は知らなかった。
この前たまたまテレビを観ていて高橋英樹の断捨離を知った。
【俳優の自宅】高橋英樹さんの断捨離33トン もぬけの殻の自宅【画像あり】
何も無くなった部屋を見ると、これはすごいと言うより何か悲しくなるような雰囲気がする。
少しずつ捨てることができなかったのかもしれない。
自分の過去の存在に密接に繋がっている物の処分を判断する時、その都度悲しい思いをする。
それに耐えることができず、それらの物を一々見ずに業者に頼んで売却リサイクルではなく一括廃棄処分したのかもしれない。
自分も捨てることができないタイプの人間で色んな物が取ってある。
お袋がそのタイプで綺麗に仕舞ってある。
多分、捨てる事ができずに綺麗に梱包し、押入れや納戸に片付ければストンと何かの意識が完結するのだろうな。
数代前からの水屋、長持ち、米櫃(桶)、お釜、茶釜、鍋、やかん、火鉢、大皿等多くの食器、反物数十反、布団数組、座布団数十枚・・・
既に箪笥十竿以上とその中身の着物、その他布等は廃棄しているし、この様に書き出したらそれ程の物ではないではないか。
よーし、自分も使ってない物を思い切って捨てるぞ!!
・・・・少しずつ(セコッ

    • -