読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の土俵で褌を取る

気になったニュースの備忘録+α

名古屋市立工業高校 飛行機

ユージン・サーナン船長

アポロ17号 ユージン・サーナン船長

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/8f/AS17-145-22224.jpg/600px-AS17-145-22224.jpg

中日春秋
 一九七二年十二月七日に打ち上げられたアポロ17号は順調に飛行を続け、月へと向かって行った。ユージン・サーナン船長は窓の外を見て、ユーモアたっぷりに管制センターに報告した。「新発見ではないが、アポロ17号は地球が丸いことを確認した」
▼この時、歴史に残る写真が、撮影された。四万五千キロ離れた宇宙からとらえた地球は、漆黒の闇に浮かぶ美しい、小さく、はかない球体。その写真は世界中の人々の目を見開かせる力を発揮した
▼だが、そんな写真でも決して伝えられぬものがあるのだと、サーナン船長は語っていた。それは、地球を取り囲む「真の暗黒」。「あの暗黒の深さは、地上の何ものをもってしても再現することはできないだろう」
▼「あの暗黒を見たときにはじめて、人間は空間の無限の広がりと時間の無限のつらなりを共に実感できる。永遠というものを実感できる」のだと(立花隆著『宇宙からの帰還』)
▼いくら技術が発達し、最果ての銀河まで撮影できるようになっても、写しきれぬものがある。人が実際に行き、その目で見なければ分からぬものがあると、確信していたのだ
▼アポロ17号以降、有人月探査は途絶え、サーナン氏は「月面を最後に歩いた人類」と呼ばれ続けたまま、八十二歳で世を去った。その「呼称」を返上できる日が来ることを心待ちにしながらの旅立ちだったと
中日新聞 中日春秋 2017年1月19日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017011902000109.html

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/97/The_Earth_seen_from_Apollo_17.jpg/599px-The_Earth_seen_from_Apollo_17.jpg
月に向かう途中で撮影された、ザ・ブルー・マーブルの名で知られる地球の写真。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/80/Waning_crescent_earth_seen_from_the_moon.jpg/600px-Waning_crescent_earth_seen_from_the_moon.jpg
月の地平線から昇る、「三日月」の地球。下に見えるのはリッツクレーター

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/dd/Astronaut_Harrison_%27Jack%27_Schmitt%2C_American_Flag%2C_and_Earth_%28Apollo_17_EVA-1%29.jpg/757px-Astronaut_Harrison_%27Jack%27_Schmitt%2C_American_Flag%2C_and_Earth_%28Apollo_17_EVA-1%29.jpg
第1回船外活動で、地球を背景に星条旗の前でポースをとるシュミット。ヘルメットのバイザーにはサーナンが映っている。


写真はWikipediaからの直リン
アポロ17号 - Wikipedia

"地球"つながりということで関連ブログ
ohya.hatenablog.com


    • -

こんな新学期

こんな新学期

http://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/57/5100/89_%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E6%96%B0%E5%AD%A6%E6%9C%9F.jpg
佐藤正明 中日新聞2017年1月17日朝刊

    • -

天文学者ベラ・ルービン

天文学者ベラ・ルービン

その少女の寝室には、北向きの窓があった。窓から見える星空が、十歳の女の子を夢中にさせた
▼じっと見続けていると、星のめぐりが分かる。眠るのが惜しくなって、夜更かしをする。だから、お母さんは、大声を出さなくてはいけなかったという。「一晩中、窓から頭を出し続けるのはやめなさい」。だが、少女は見続けた
▼この少女が、米国の天文学者ベラ・ルービンさん。銀河が回転する速度を観測することで彼女が成し遂げた発見は、ノーベル賞に値すると言われた。宇宙の四分の一を占めながら、見ることができぬ謎の物質「ダーク・マター(暗黒物質)」が存在する証拠を見つけたのだ
▼少女時代から天文学を志していたが、高校の教師からは「科学を志すには、力不足」と言われ、名門大学からは「当大学院は、女性を受け入れない」と断られた
▼四人の子の育児に追われながらの学究生活だったので、多くの研究者が一番乗りを競い合うテーマは避け、人があまり手を出さない問題にじっくり取り組んだ。それが大発見につながったという
▼女性として史上三人目のノーベル物理学賞受賞はならぬまま、年末に八十八歳で逝ったが、こう語っていたそうだ。「名声など、つかの間のこと」「私の人生で、毎晩星を見ることほど面白いことはないんです」。一晩中どころか、一生涯、星空を見つめ続けた人生である。
http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017010602000104.html

yascovicci.exblog.jp

    • -

2017年箱根駅伝

青山学院大学優勝

http://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/57/5095/86_2017hakone.jpg

http://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/57/5096/87_2017nakone.jpg
2017/01/04中日新聞

確か2015年青山学院大学が初優勝した年の第3区か4区で、他校の監督が車の中から拡声器を通してがなっていた。『青学なんかに負けるのかとか・・・失礼な言い方。

http://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/57/5097/88_2017hakone.jpg
2017/01/04中日新聞

どの選手も体調をその時その瞬間に合わせ持って来ているだろうけど、これは照井明人選手万全を期しその通り行ったのだろう。嬉しいかっただろうなあ。

    • -

2017年1月1日「うるう秒」

http://img.atwikiimg.com/www45.atwiki.jp/jippensha/attach/57/5094/85_leap-second11.png
日本では、日本時間2017年1月1日 午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に”8時59分60秒”が挿入されます。

無事挿入されました。

    • -